本文へスキップ

ストーリーSTORY

introduction

院長写真

まるで、時が止まったかのような古びた街並みの中、ひっそりと佇む小さなお店、『夢萌商店』。
地域の名産品が並ぶ店内で、店主の夢絵が、一人読書をしています。
お客様がやってくると、ふと顔を上げて、

『いらっしゃいませ、夢萌商店へようこそ』


あらすじ

埼玉で長く商店を営む祖母から、「夢萌商店」を継ぎ、若くして店主となった夢絵(ゆえ)。
夢絵だけでは心もとないと、番頭として手伝いを申し出てくれた大輔とともに、夢萌商店を切り盛りしていた夢絵だが、ある日、訪れたお客様に、「埼玉の名産品は何か?ここは有名店なのか?」と問われる。
地元の方にはよく利用してもらっていたが、とくにこれといった名物はなく、有名店とはいえない現状に、地味にショックを受けた夢絵は、夢萌商店に昔から棲む座敷童子の『幸魂童子』とともに、夢萌商店に足りないものは何かを求めて帆走する。


スタッフ

原作・構成協力
(株)RIKNETWORKS
漫画・イラスト
桃海るい
企画
松野真治       
製作
夢萌商店の夢絵さん製作委員会